働きやすいサポート体制|社員旅行でリフレッシュの旅

団体旅行の楽しみ

資料を作る

最近の旅行の傾向は個人主義

最近は旅行が結構ブームらしい。 ただ円安の影響で、海外旅行も関しては少々下火だそうだが、国内旅行はかなり人気があるそうだ。 その旅行も個人で楽しむ旅行が主流になっている。夫婦や家族単位、時には一人でのんびりと旅を楽しむ人がかなり増えている。 少し前までは、旅行と言えば団体旅行が主流だった。会社や町内会での団体旅行。添乗員が付いた旅行社が主催する団体旅行。 団体旅行は自分で行動をしなくても連れて行ってもらえるし、自分で旅行の日程も宿の手配も考えなくてもいい。自分で考える必要がなく旅行が出来る。 その気軽さが受けていたのだが、今は行動が制約される。他人と行動するのが面倒くさい。面倒な人と一緒になるのが嫌だ。 そういう考え方が増えたせいか、今は団体旅行はあまり流行らなくなってきてしまったようだ。

団体旅行のメリットとは

でも個人的に私は団体旅行が大好きだ。 一番の理由が、比較的低価格で旅行が行けること。個人旅行は自分で計画できるのがメリットだが、経費的には結構かかることが多い。それから考えると団体旅行は一括で予約が取れるせいか、比較的安い旅行が多い。これは意外とメリットといえる。 次に思い浮かぶ理由が、いろんな人と出会えることだ、確かに煩わしい、面倒くさい人一緒になることもあるが、逆に気が合い、とても仲良くなることも多い。実際私の友人の何人かは団体旅行で知り合った人で、趣味が似ているから今でも良い付き合いをさせてもらっている。 あと行動が制約されることも、逆に言えば短時間で多くの場所が回れると思って割り切ってしまうと、効率よく旅行が出来たと自分としては納得できる。 今度のゴールデンウィークも団体旅行で台湾にクルーズ旅行に出かけるつもりですが、今からとっても楽しみにしています。